採用情報

機関部の仕事内容

仕事の特徴

共栄マリンの機関部の仕事は、下記の2つに分類されます。
(1)基本業務に加え、(2)各プロジェクト毎にさまざまな業務を行います。

(1)基本業務

エンジン・機器当直業務、保守・点検・整備作業

(2)プロジェクトに付随する業務

海洋調査作業、曳航作業、洋上船舶等への資材供給 など

仕事の面白みはなんといっても、さまざまな場所で海洋調査・開発、作業に携わるということです。時には仕事の合間に深海の様子をモニターで見学できたり、新聞に報道される現場にも行くことがあります。

(1)基本業務

機関部としての基本的な業務となります。航海中は、ワッチ体制(4時間当直・3交代を1日2回繰り返し)となります。
プロジェクトの合間の港での停泊中は、原則的に朝8時から17時までの勤務となります。停泊期間の業務は、主に機器の保守・点検・整備作業を行います。また、燃料は全てA重油となります。

特殊な機材・アジマススラスター(Zペラ)

管理船舶3隻に、アジマススラスター(商標:Zペラ)が装備されており、プロペラの向きを360°変えられる推進器です。推進器は、高い操船性能のため、海洋調査作業に適しています。

(2)プロジェクトに付随する業務

プロジェクトに応じて、さまざまな場所でさまざまな作業を行います。

海洋調査作業

ROV(遠隔操作無人探査機)、AUV(自律型無人潜水機)、海底着座型ボーリング機を用い、海底生物・資源・地質調査を行います。機関部は、調査海域への調査資材の投入・回収等の補助作業を行います。
なお、基本的に乗組員は調査機材を操作せず、外部から専門のオペレーター・エンジニアが乗船し、操作します。

曳航作業

自航不可能な船舶(海難救助等)や資材を積みこんだ台船等を曳航します。
甲板部・機関部を合わせた乗組員は、出航前に曳航手順について事前に図面等で打合せを行います。
現場での曳航索連結および解除時には、一等航海士が甲板作業の指揮をとり、甲板部・機関部を合わせた乗組員全員で対応し、船長がブリッジにて操船という配置になります。

また、台船など非自航船の曳航の際は、二等機関士が曳航される船に乗り込んで発電機等、機器を担当します。

洋上船舶等への資材供給

海上で作業・調査する船舶等へ燃料・物資を届け、または、必要に応じてコンテナ・資材を受け取り、港まで運搬します。
機関部は、燃料やセメント等を専用ホースにより相手船へ移送する際、バルブ・エアコンプレッサー操作を行います。

About Company

Home 代表挨拶
新着情報 会社案内
共栄マリンの特長 プライバシーポリシー
事業紹介 サイトマップ
管理船舶紹介

Recruiting

採用情報Home
甲板部の仕事内容
共栄マリンの仕事って?
機関部の仕事内容
しっかりとした研修体制
司厨部の仕事内容
船内の様子見学
新卒採用募集要項
求める人材
中途採用募集要項
よくある質問

お問い合わせ・求職の相談・申込はこちらへ

お問い合わせ
copyright 2013-2014 KYOEI MARINE Co., Ltd. All Right Reserved.
PCサイトへ