機関部:船員インタビュー

一等機関士(インタビュー時二等機関士)

入社前に抱いていた不安はありますか?

「当初、エンジン関係や人間関係は不安でしたけど、人間関係・メンバーもすごくいいです。
前の会社だと、甲板手と仲良くなる機会がなかったんですね。
今だと、甲板手の人とも仲良く話せたりもできますから。」

職務: 一等機関士(インタビュー時二等機関士)

インタビューを読む  >>

機関長

共栄マリンの良いところを教えてください。

「忙しい時は忙しいですけれど、停泊はそれなりにあって余裕がある所がいいですね。
数日間の停泊中は、昼間は整備作業で忙しくなるけど、夜になったら街に出ることは充分出来るからね。」

職務: 機関長

インタビューを読む  >>

三等機関士

転職のきっかけは?

自衛隊生活が終盤になってきて、今後幹部の道が避けて通れない。
現場の機関の仕事をしたかったので、今後続けていく上で、
民間の船舶のエンジンで、転職を希望しました。

職務: 三等機関士

インタビューを読む  >>

二等機関士(インタビュー時三等機関士)

転職して良かったですか?

「それは思う所がありますね。
分からない事があっても、自分で調べて、結論的に分からなかったんで教えて下さいと言ったら、誰も文句を言わずに
“これはこうだからこうした方がいい”と教えてくれるので、
すごいエンジニアとして腕を磨けるというか…勉強になるのでありがたいです。」

職務: 二等機関士(インタビュー時三等機関士)

インタビューを読む  >>

一等機関士

会社でいい面を感じる所があれば教えて下さい。

「いい面は少数精鋭で、甲板部の人だったら職員でも機関部に気を遣ってくれるというか…
報連相がなってることですかね。
今日燃料を積むんだったらどこに積むかとか。
オモテとかトモとか、きっちり聞いてくる人ばかりなので。
エンジンとデッキが分かれてない点はいいと思います。」

職務: 一等機関士

インタビューを読む  >>

機関長(インタビュー当時一等機関士)

共栄マリンに入社して良かったと思いますか?

「いろんな仕事…ロボットもそうですけど、トーイングとか。
普通の船では出来ない事が出来るんで楽しいです。
普通の船会社じゃないので…。すごいなと思いますね。」

職務: 機関長(インタビュー当時一等機関士)

インタビューを読む  >>

二等機関士(インタビュー時三等機関士)

仕事の面ではどうでした?三等機関士から最初入ったけれど。

「常に機関長がついてくれるので、
朝は機関長がついてくれて仕事を教えてもらいながら仕事をして、
夜は軽作業。
基本的に不安がなく仕事が出来ますね。
機関長が入ってくれるので、そこが大きいです。」

職務: 二等機関士(インタビュー時三等機関士)

インタビューを読む  >>

一等機関士

実感として、20年在籍して会社はいい方向に向かっている?肌感覚でいいです。

「来た時より良くなっている。
管理会社にもなっていますしね。
給料の面では不満はないです。他の会社は知らないですから。
共栄で20年世話になって不満はないです。」

職務: 一等機関士

インタビューを読む  >>

機関長

定年退職された後、共栄マリンに転職を決めた理由は?

「タグとか、海洋調査とかに興味があったのが本音ですね。
今までは生活のために船に乗って勤め上げてきたけれど、
今度は自分の興味がある仕事に就いてみたいかなと思ったんですよね。」

職務: 機関長

インタビューを読む  >>

二等機関士(インタビュー時三等機関士)

乗船してみて、どうでしたか?

「一番最初に乗船した新潮丸の時は、機関長が色々丁寧に教えてくださいました。
特に人間関係で今の所嫌だというのはないんです。
本船に来てからも人間関係うまくいってます。
デッキもエンジンも仲良くて話しやすいですし。
皆和気藹々としていて、そういうのはいいですね。」

職務: 二等機関士(インタビュー時三等機関士)

インタビューを読む  >>

一等機関士兼機関長(インタビュー時二等機関士)

転職してよかったですか?

「はい。給料面では前より低いですけど、経験できないような仕事も出来ますし、
なにより人間関係が良好なのが一番です。」

職務: 一等機関士兼機関長(インタビュー時二等機関士)

インタビューを読む  >>

機関長(インタビュー時一等機関士)

実際に携わってみて、面白かった仕事はありますか?

「ROV調査は面白かったですね。
特に海底資源調査。
ああいうの見てると社会に貢献している感じがしますね。
科学が発展しているのを下で支えているのを感じて好きですね。」

職務: 機関長(インタビュー時一等機関士)

インタビューを読む  >>

機関長

実際に携わってみて、面白かった仕事はありますか?

「ROV調査。
海底とか海洋生物とか見るのが結構好きで、
その仕事をする船に乗った時が一番嬉しかったね。
まだずっと乗りたい。」

職務: 機関長

インタビューを読む  >>

機関長

転職のきっかけを教えてください。

「共栄マリンから連絡があった時に、A重油専用船。
これは結構いいなと思いまして。
それがポイントですね。」

職務: 機関長

インタビューを読む  >>

機関長

エンジニアとして、いろんなエンジンに携わるのは楽しいですか?大変ですか?

「大変ですけど、勉強になりますね。
入社してきて欲しい人は…どんだけ機転きくか、
どんだけ基礎をやってきたか。それだけだね。」

職務: 機関長

インタビューを読む  >>

機関長

入社して20年ですが、仕事についてどのように感じていますか?

「うちの会社のいいところはあっちこっち行けるからね。
人が行けないような所に行けるというのも魅力だね。
あとは、うちの会社はほかの会社から比べたら、人当りはいい方だと思うよ。
朝のミーティング見てて分かるでしょ。笑いがあるでしょ。
こういう船だったら2週間に1回港に入る。停泊期間に休めることがある。
お客さん仕事しても時化たらどこかに避難することはある。
うちの会社はほんと良いよ。割と働きやすい会社だよ、うちの会社は。」

職務: 機関長

インタビューを読む  >>

機関長

転職のきっかけは何ですか?

公務員だったんですけど、
60歳から再任用制度で降格するという話はあったんですけど、
早めに早期退職して新しい職場にチャレンジしたいという気持ちで、
転職を決意しました。

職務: 機関長

インタビューを読む  >>