機関部の仕事

仕事の特徴

共栄マリンの機関部の仕事は、下記の2つに分類されます。
(1)基本業務に加え、(2)各プロジェクト毎にさまざまな業務を行います。

(1)基本業務 エンジン・機器当直業務、保守・点検・整備作業
(2)各プロジェクトに付随する業務 海洋調査作業、曳航作業、洋上船舶等への資材供給 など

仕事の面白みはなんといっても、さまざまな場所で海洋調査・開発、作業に携わるということです。時には仕事の合間に深海の様子をモニターで見学できたり、新聞に報道される現場にも行くことがあります。

(1)基本業務

機関部としての基本的な業務となります。航海中は、ワッチ体制(4時間当直・3交代を1日2回繰り返し)となります。
プロジェクトの合間の港での停泊中は、原則的に朝8時から17時までの勤務となります。停泊期間の業務は、主に機器の保守・点検・整備作業を行います。また、燃料は全てA重油となります。
  • 基本業務
  • 基本業務

特殊な機材・アジマススラスター(Zペラ)

管理船舶3隻に、アジマススラスター(商標:Zペラ)が装備されており、プロペラの向きを360°変えられる推進器です。360°プロペラの向きを変えられる推進器は、高い操船性能のため、海洋調査作業に適しています。

特殊な機材
特殊な機材

(2)プロジェクトに付随する業務

プロジェクトに応じて、さまざまな場所で多種多様な作業を行います。

  • 海洋調査作業
  • 海洋調査作業

ROV(遠隔操作無人探査機)、AUV(自律型無人潜水機)、海底着座型ボーリング機を用い、海底生物・資源・地質調査を行います。機関部は、調査海域への調査資材の投入・回収等の補助作業を行います。
なお、基本的に乗組員は調査機材を操作せず、外部から専門のオペレーター・エンジニアが乗船し、操作します。

  • 曳航作業
  • 曳航作業

自航不可能な船舶(海難救助等)や資材を積みこんだ台船等を曳航します。
甲板部・機関部を合わせた乗組員は、出航前に曳航手順について事前に図面等で打合せを行います。
現場での曳航索連結および解除時には、一等航海士が甲板作業の指揮をとり、甲板部・機関部を合わせた乗組員全員で対応し、船長がブリッジにて操船という配置になります。

また、台船など非自航船の曳航の際は、二等機関士が曳航される船に乗り込んで発電機等、機器を担当します。

  • 洋上船舶等への
    資材供給
  • サプライ作業
    画像協力:JAMSTEC

海上で作業・調査する船舶等へ燃料・物資を届け、または、必要に応じてコンテナ・資材を受け取り、港まで運搬します。
機関部は、燃料やセメント等を専用ホースにより相手船へ移送する際、バルブ・エアコンプレッサー操作を行います。

機関・海技免状(1級・2級・3級海技士)の取得を積極的に奨励しています

共栄マリンでは、上級免状の取得を積極的に奨励しています。

弊社管理船舶の乗船によって、1級海技士/2級海技士取得に必要な乗船経歴が付くことはもちろんのこと、
希望があれば、海技大学校の通信教育や短期の試験対策講習の受講をサポートします。
また、1級海技士/2級海技士取得の際には、奨励金制度を設けております。

3級海技士取得に関して、長期の講習(3~4ヶ月)を受講することができます。

今までこの講習を受講し、3級海技士を取得した乗務員は、弊社機関部で4名おります。
念のために申し添えておきますが、配乗の都合と受講スケジュールの兼ね合いがありますので
希望後すぐのタイミングで受講できるとは限りません。
現在のところタイミングを調整し、その上で希望者は受講後、取得しております。